地域の人、仕事、環境に出会う地域の人、仕事、環境に出会う
菱屋のある熊川宿は、
若狭と京都を結ぶ鯖街道の宿場町です。
熊川宿は若狭からみてひとつめの宿場であり、若狭地方の玄関口といえる町です。
また重要伝統的建造物群保存地区に選定された古い町並みが残っています。

菱屋はこの宿場のちょうどまんなかにある大型の商家です。
2018年4月、この商家が、
街道シェアオフィス&スペース菱屋として生まれかわりました。

菱屋は、
若狭にサテライトオフィス、
二地域オフィス、
お店を持ちたい方の拠点であり、
地域の豊かな環境、
これからのくらしのヒントになる人や
仕事に出会える場所です。

トピックス

もっと見る
2018年 6月
月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
2018年5月28日 2018年5月29日 2018年5月30日 2018年5月31日 2018年6月1日 2018年6月2日 2018年6月3日
2018年6月4日 2018年6月5日 2018年6月6日

2:00 PM: 菱屋出店者会議

2:00 PM: 菱屋出店者会議
2018年6月7日 2018年6月8日 2018年6月9日

9:30 AM: 梅収穫体験ワークショップ

9:30 AM: 梅収穫体験ワークショップ
2018年6月10日

10:00 AM: お塩のお話会in若狭

10:00 AM: お塩のお話会in若狭
2018年6月11日 2018年6月12日 2018年6月13日

7:00 PM: 若狭チャレンジプロジェクト

7:00 PM: 若狭チャレンジプロジェクト
2018年6月14日 2018年6月15日 2018年6月16日

イベント: 蛍鑑賞の集い

イベント: 蛍鑑賞の集い
2018年6月17日
2018年6月18日 2018年6月19日

2:00 PM: 滋賀県議員秘書他視察

2:00 PM: 滋賀県議員秘書他視察
2018年6月20日 2018年6月21日 2018年6月22日 2018年6月23日 2018年6月24日
2018年6月25日 2018年6月26日 2018年6月27日 2018年6月28日 2018年6月29日 2018年6月30日 2018年7月1日

ご利用案内

シェアオフィス

事務所、ショップ、案内所等にご利用いただける、全7区画の鍵付きの個室です。
入居された方はシェアスペースを無料(占有は一日3時間まで)でお使いいただけます。
シェアオフィス
シェアオフィス
区画部屋面積月額賃料(税抜)空き状況入居者備考
101 1F 11.8 m² ¥37,000- × PLUS WILD
国内登山やロングトレイル、ワイルドキャンプなどアウトドアライフを楽しむならPLUS WILD!!
フローリング(土足禁止)
102 1F 11.8 m² ¥37,000- × 逸見家きものミュージアム
鯖街道の終着点京都出町にて大正十二年創業「井上呉服店」がプロデュース。
おすすめの着物を、熊川宿の街並みと共にお楽しみ下さい。
103 1F 6.2 m² ¥26,000- × -
104 1F 17.0 m² 応相談 - コンクリート土間
201 2F 31.8 m² ¥79,000- - フローリング(土足禁止)
202 2F 23.6 m² ¥62,000- ×
熊川まちづくり推進協議会
新たな滞在型観光を確立するため、熊川宿と、北川や駒ケ岳など周辺の自然資源を活用した体験プログラムの開発を行っています。
株式会社デキタ
建築の開発とまちづくりのプロデュースをやっています。東京で起業して若狭町にIターン!福井では古民家まちづくりを頑張っています。
203 2F 11.8 m² ¥39,000- -
  • 101詳細閉じる
    101
    月額料金(税抜):
    ¥37,000-
    階:
    1F
    部屋面積:
    11.8 m²
    空き状況:
    ×
    備考:

    フローリング(土足禁止)

    入居者:

    PLUS WILD

    入居者紹介:

    国内登山やロングトレイル、ワイルドキャンプなどアウトドアライフを楽しむならPLUS WILD!!

    PLUS WILD PLUS WILD
  • 102詳細閉じる
    102
    月額料金(税抜):
    ¥37,000-
    階:
    1F
    部屋面積:
    11.8 m²
    空き状況:
    ×
    備考:

    フローリング(土足禁止)

    入居者:

    逸見家きものミュージアム

    入居者紹介:

    鯖街道の終着点京都出町にて大正十二年創業「井上呉服店」がプロデュース。おすすめの着物を、熊川宿の街並みと共にお楽しみ下さい。

    逸見家きものミュージアム 逸見家きものミュージアム
  • 103詳細閉じる
    103
    月額料金(税抜):
    ¥26,000-
    階:
    1F
    部屋面積:
    6.2 m²
    空き状況:
    ×
    備考:

    フローリング(土足禁止)

  • 104詳細閉じる
    月額料金(税抜):
    応相談
    階:
    1F
    部屋面積:
    17.0 m²
    空き状況:
    備考:

    コンクリート土間

  • 201詳細閉じる
    201
    月額料金(税抜):
    ¥79,000-
    階:
    2F
    部屋面積:
    31.8 m²
    空き状況:
    備考:

    フローリング(土足禁止)

  • 202詳細閉じる
    202
    月額料金(税抜):
    ¥62,000-
    階:
    2F
    部屋面積:
    23.6 m²
    空き状況:
    ×
    備考:

    フローリング(土足禁止)

    入居者:

    熊川まちづくり推進協議会

    入居者紹介:

    新たな滞在型観光を確立するため、熊川宿と、北川や駒ケ岳など周辺の自然資源を活用した体験プログラムの開発を行っています。

    入居者:

    株式会社デキタ

    入居者紹介:

    建築の開発とまちづくりのプロデュースをやっています。東京で起業して若狭町にIターン!福井では古民家まちづくりを頑張っています。

  • 203詳細閉じる
    203
    月額料金(税抜):
    ¥39,000-
    階:
    2F
    部屋面積:
    11.8 m²
    空き状況:
    備考:

    フローリング(土足禁止)

※複数区画借りは賃料値引きの対象になります。

※賃貸借契約時に、月額賃料一ヶ月分の敷金が発生します。

※月額賃料には、共用部・共有設備の利用料が含まれています。

※共用部・共有設備に係る光熱費は、月額賃料とは別に面積に応じた按分計算の上、別途請求を行います。

TEL

0770-62-17770770-62-1777

E-MAIL

info@hishiya-wakasa.com

シェアスペース

ギャラリー、会議場、ライブ、チャレンジショップ等にご利用いただけるスペースです。
シェアスペース
シェアスペース
部屋 スタジオ ワークショップ
スペース
ミーティング
スペース
コワーキング
概要板間と土間があり、天井高があります。和紙の壁を展示用にご利用いただけます。庭に面した静かな和室です。個室としてもご利用いただけます。エントランスに面した板間です。会議机、展示棚等をご利用いただけます。 -
部屋面積34 m²31 m²16 m²-
レンタル料金
(税抜)
¥1,500/時¥1,000/時¥1,000/時-
¥9,000/日¥6,000/日¥6,000/日¥1,000/時

※2スペース以上を借りられる方は利用料が2割引になります。

※入居者は3時間/日までは無料、3時間以上利用される際は利用料金が発生します。

設備

菱屋全体でご利用可能な設備のご案内です。
  • 無線 LAN無線 LAN
  • 電源電源
  • カラー複合機カラー複合機
  • 郵便受取郵便受取
  • カフェスペースカフェスペース
  • 駐車場駐車場
  • プロジェクタープロジェクター
  • 会議室会議室
  • ギャラリーギャラリー
  • キッチンキッチン
  • 前川前川

施設概要

所在地
|〒919-1532 福井県三方上中郡若狭町熊川30-6-1
定休日
|なし
営業時間
|9:00〜17:00
駐車場
|あり
運営
株式会社デキタ
協力
|若狭町

交通案内

お車でお越しの方

施設には駐車場がございます

お車でお越しの方お車でお越しの方

公共交通機関でお越しの方

公共交通機関でお越しの方公共交通機関でお越しの方

google map を見る

熊川宿の歴史と今 kumakawa juku

鯖街道と熊川宿
街道を行く自転車
鯖街道と熊川宿
 若狭は日本海の豊かな幸に恵まれ、古来より「御食国(みけつくに)」として奈良の都、京の都に、魚介類を届けていました。また大陸に通じる海の道と、都へ通じる陸の道の交わる重要な交易の結束点でもありました。この若狭と都をつなぐ交易の道は、大量の鯖が運ばれていたため、いつのころからか「鯖街道」と称されるようになりました。

 熊川宿は鯖街道最大の宿場町であり、若狭から都に運ばれる物資の中継地でした。熊川宿が、現在も残るまちなみのように発展したのは、16世紀に若狭の領主であった浅野長政が、宿場町と位置づけたことにはじまります。当時40戸ほどの寒村であった熊川は、このことにより200戸を超える集落へと発展しました。また寛永年間(1624〜1644)に小浜藩によって番所が設置され、江戸期は若狭と近江の国境の町として機能してきました。

 これらの歴史的背景によって築かれた1.1kmにも及ぶまちなみは、平成8年に福井県ではじめて国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されました。また平成27年には「海と都とつなぐ若狭の往来文化遺産群〜御食国と鯖街道〜」として日本遺産の第一号に認定されました。
菱屋
菱屋前の前川で遊ぶ子供
菱屋
 菱屋は、熊川宿の中でも、多くの商店が軒を連ね、役所や小学校がおかれていた中ノ町のほぼ中心に位置しています。
 菱屋とは屋号であり、代々㔟馬家が菱屋の屋号を受け継いできました。㔟馬家は古くから熊川宿において、問屋、役人、小浜藩の御用商人を務めた家です。
 熊川宿の中でも菱屋は最大級の屋敷で、間口が28間あります。むくりがついた大屋根と、外壁の朱色と白漆喰のコントラストが特徴的な平入の木造2階建で、格子戸・袖壁ウダツなども見られる、熊川宿のまちなみを代表する屋敷の1つでもあります。
 母屋は明治元年建造といわれ、約130年の歴史があります。最盛期には年間20万駄の荷継ぎ場として、問屋場に馬借や背負人が群がったといわれます。菱屋は、鯖街道の交易を支えた熊川宿の歴史を代弁する重要な歴史遺産なのです。